島根県育英会 大阪学生会館

News

石化柳が芽吹きました

くねくねと曲がった不思議に変わった形状。奇妙ではありますが、どこかユーモアも感じます。

これは「石化柳」といい、柳の一種です。その形状から「蛇龍柳」の別名も持っています。

枝の一部が枯れるものの、他の部分が成長を続けるためにこのような形状になるのだそうです。

開花時期は3月から4月。白い尻尾のような花を咲かせます。

 

石化柳は生花や切花に用いられます。

授業で華道の体験があり、その際に持ち帰ったのが写真の石化柳。初めは芽吹いていませんでしたが、寮で飾っているうちにいつの間に瓶の中で根を生やし、芽を伸ばしていきました。

 

石化柳の花言葉は「あなたのために生きる」「たくましさ」

一部が枯れてもなお生き続けようとする自然のたくましさ、次の世代のために生き続ける、その力を感じ取ることができますね。

12月の行事

2日(金)20:00~

中間決算報告会 初めて会計の見直しを行います

10日(土)18:00~

しまね・チャレンジ講座第3弾 海士町役場 濱中香理さんから学ぶ

11日(日)19:30~

第2回寮カフェ「ビブリオバトル」 寮生の知性から学ぶ

18日(日)9:30~

年末大掃除